排水管から起こっている水漏れは被害が拡大することもある

トイレはいくつかの部品や管によって構成されており、様々なポイントで水が使用されています。水が漏れてしまうなどの水のトラブルは、安易に予想することができるものです。一回の使用でも多くの水を使用しており、使用頻度が高ければ高いほど、水の使用量は多くなってしまいます。さらに給水管やトイレタンク、便器や排水管などの設備やそれに使われている部品なども、長期間使用することによって経年劣化が発生します。

■見えていないところにある排水管は非常に危険

自宅のトイレを見渡してみると、排水管が見当たらないという人がほとんどではないでしょうか。実際にトイレ内に設置されている排水管は、そのほとんどが壁の中や床下など、目に見えないところに設置されており、排水管から水漏れが起こっている場合は、床や壁を一度壊して、排水管を確認する作業が発生することから、トイレ全体で大規模なリフォーム工事が必要になってしまいます。


■見えないからと言って油断していると被害は拡大する

なんとなくトイレ空間がジメジメする、カビ臭いといった場合は目に確認できないところで水が漏れていることが考えられます。放置してしまうと被害はどんどん拡大していきます。漏れた水は基本的には乾くことはなく、住宅のいたるところに浸水していきます。トイレ 水漏れで調べてみると、長い期間、水が漏れているのを見てみぬふりしてしまうことで、住宅全体のリフォームに何千万円もかけなければならなくなったケースもあることから、見えないところだからと言って油断していると非常に危険です。

■まとめ
トイレの水漏れは場合によっては汚水が溢れるなど被害が拡大してしまう傾向にあるものもあり、迅速に対処する必要がありますが、目に見えない部分の水漏れなどは、どうしても発見が遅れてしまったり、対処が遅れてしまうことがあります。こまめに便器の水位を確認するなど、定期的なチェックを欠かさないようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ